FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

21.ロック、ミュージック、経血ゼリーのようです


ロック、ミュージック、経血ゼリーのようです


1 ◆nBapHd/hQc:2010/09/05(日) 23:38:43 ID:3azLLtHAO
間に合ったああ……

ギリギリに申し訳ないです。
三国志参加作品、投下致します。


2読者速。:2010/09/05(日) 23:43:28 ID:3azLLtHAO

やっぱり、給食のあとの歴史は眠くなる。僕は眠るまい、と必死で自分と戦っていた。

(*゚∀゚)「そして暗黒時代が終わり、世界はまた平和になったんだわさ」

乳首をつねってみようかと思ったとき、終わりのベルが鳴った。

何故だか眠気は、ベルと一緒に消えていってしまったみたいだ。

(*゚∀゚)「じゃあ今日の授業は終わり! 帰りの会も省略するぞー」

(*゚∀゚)「気をつけて帰れよー」

つー先生は凄くいい先生だけど、凄く適当だ。

僕はグッピーの餌当番を決めたかったけれど、明日にしようと思った。

( ・∀・)「おーい、ドクオ」

教科書を鞄に詰めていると、クラス一のイケメン、モララー君が話しかけてきた。


3読者速。:2010/09/05(日) 23:46:00 ID:3azLLtHAO

('A`)「何だい、モララー君?」

( ・∀・)「聞いたかい、遂にショボンの野郎も頂いたそうだぜ」

( ・∀・)「経血ゼリー」

('A`)「へ、へぇ……」

僕は平静を装っていたけれど、本当は凄くどきどきしていた。

経血ゼリーを貰っていないのは、あとは僕とショボン君だけだったからだ。

( ・∀・)「これでクラスの皆、女の子に経血ゼリー貰ったみたいだな」

( ・∀・)「あれ?」

(;'A`)「う……」

( ・∀・)「そういや、ドクオはまだだったかな?」


4読者速。:2010/09/05(日) 23:49:03 ID:3azLLtHAO

('A`)「……僕だって」

('A`)「僕だってすぐに、経血ゼリーで鞄がいっぱいになるもん」

( ・∀・)「じゃあ、今誰かに貰ってみなよ」

('A`)「いいよ」

ちょっと見栄を張っちゃった僕はいいよ、なんて返事をしてしまった。

胸は不安でいっぱいだ。だけど、いつかは通る道なんだ。

勇気を出して、水槽の前でお喋りしている女の子達に近づく。

('A`)「ね、ねえ……」

緊張して声が上擦る。
誰かに告白するのはこんな気分なのかも知れない。

ミセ*゚ー゚)リ「なあに?」

川 ゚ -゚)「?」

まずはジョークで和ませて、それから経血ゼリーを貰う。

家で何回も練習してきたんだ、きっと上手くいくはずだ。


5読者速。:2010/09/05(日) 23:52:21 ID:3azLLtHAO

('∀`)「僕のエクストが、エクストプラズマン!」

ミセ*゚ー゚)リ「……」

川 ゚ -゚)「……は?」

( ・∀・)「まあまあ、みんな落ち着いて」

眺めていたモララー君が笑いながらこっちに寄ってきた。

僕はどうしたらいいか分からなくて、水槽のグッピーを見つめる。

グッピーはちょうど糞をひねり出していて、僕はあまり良い気分じゃなかった。

ミセ*゚ー゚)リ「あ、モララー君!」

( ・∀・)「おっと一番落ち着かなきゃいけないのは、僕のエクストプラズマンだな」

ミセ*゚ー゚)リ「きゃー! モララー君素敵!」

ミセ*゚ー゚)リ「私の経血ゼリーあげちゃう!」

川*゚ -゚)「私も私も!」


6読者速。:2010/09/05(日) 23:56:10 ID:3azLLtHAO

女の子はまるで見えないかのように、僕を押しのけてモララー君を囲みだした。

僕は、経血ゼリーの一つも貰えない自分が恥ずかしくなる。

('A`)「モ、モララー君のばかー!」

(; ・∀・)「あ、ドクオ!」

頭が真っ白になって、教室を飛び出した。

('A`)「みんなのばかー!」

校門を抜けたところで息が切れて、とぼとぼと歩きだす。


7読者速。:2010/09/05(日) 23:58:38 ID:3azLLtHAO

('A`)「ずっと女の子から経血ゼリーも貰えない人生なのかな?」

('A`)「はぁ……」

世界は平和だなんて先生は言うけれど、僕にはちっともそうは思えなかった。

イケメンのモララー君がジョークを言うと喜んで、僕が言うとみんな不機嫌になる。

そんなの不公平だ。思わずため息がこぼれる。

('A`)「はぁ……」

(*'A`)「経血ゼリーでいっぱいのプールで泳ぎたいなぁ」

そんなことを考えていた時だった。

道路の真ん中で何かが光っているのが僕の目に映った。

('A`)「あれは……?」


8読者速。:2010/09/06(月) 00:03:10 ID:nG2T7v7AO



* * * * * *


2045年、東京ーー



激しいドラムの音が直に聴覚を刺激してゆく。

やがてヴォーカルの特徴的な低い声が聴こえ始めた。Space boy you're sleepy……

(#゚;;-゚)「……」

50年も前の音楽だ。今では、懐かしむジジイぐらいしか聴く者はいない。

(;‘_L’)「ハァハァッ……許してくれ……」

(#゚;;-゚)「今サビなんだよね。黙っててくれないかな」


9読者速。:2010/09/06(月) 00:05:15 ID:nG2T7v7AO

しかし何と言われようが、私はこの時代のロックが好きなのだ。

(;‘_L’)「分かった! 黙る! 黙るから……」

口に含んだ電音ガムの、擬似的に錯覚させる味が苦くなる。曲の終わりに近づいたようだ。

(#゚;;-゚)「もういいよ」

左手に構えた拳銃で、奴の頭を吹っ飛ばした。

派手に飛び散る返り血に、私は目を閉じる。ライブラリは次の曲を再生していた。

(#゚;;-゚)「しぃちゃん、私やったよ」

しぃは、今はもういない。

経血ゼリーを無理矢理奪われた彼女も、きっとこれで報われるだろう。


10読者速。:2010/09/06(月) 00:07:08 ID:nG2T7v7AO

アメリカの経済破綻によりドルは信用を無くし、それは世界恐慌へと変わった。

スラムと普通の街の境界は消え、モラルは著しく低下した。

そんな中、経血ゼリーこそ人の全てであるとどこかのカルトが言い出した。

お金、仕事、夢。
今までそこにあって当たり前のものが、全て崩れ去ったのだ。

自暴自棄になった人々の中で、その悪しき俗習は爆発的に流行した。

それは文化に成りかねない勢いだった。

勿論政府は経血ゼリーを禁止するも、それが更に酷い結果に繋がる。

闇経血ゼリーが広まったのだ。


11読者速。:2010/09/06(月) 00:11:25 ID:nG2T7v7AO

(#゚;;-゚)「……」

(#゚;;-゚)「……煙草、買わなくちゃ」

飛んでいた意識を現実に戻す。目の前の男は、とうに息絶えていた。

私はレインコートを羽織り部屋を後にする。薄暗い街だ、これで返り血も目立たない。

天に刺さるように立ち尽くす高層ビルのせいで、日中でも常にどんよりと暗い。

<ヽ`∀´>「いらっしゃい、いらっしゃい!」

その機能していない無人のビルの前では、無許可の露天が並んで様々な物を売っている。

( ´_ゝ`)「高いな、半値で売れ、半値」

揺らめく露天商のネオンと溢れる人。

右へ左への流れに私も身を任せて歩きだす。


12読者速。:2010/09/06(月) 00:13:59 ID:nG2T7v7AO

(#゚;;-゚)(煙草を買ったらペニサスのとこに寄ろう)

濁流のような人の群れを抜けて、顔馴染みの露天の前で立ち止まる。

店主は読んでいた書物を閉じ、私に歪んだ笑顔を向ける。

とても胡散臭い笑顔だと私は毎回思う。

(#゚;;-゚)「いつもの煙草。5本ね」

( ^^ω)「どうもでぃさん、等級はどうします?」

(#゚;;-゚)「私がA級買うと思ってるの?」

一番高い等級は馬鹿高い税金もちゃんと納める、政府純正の煙草だ。

滑らかな喉越しらしいが、私は吸ったことがない。

( ^^ω)「はいはい、いつものですね」


13読者速。:2010/09/06(月) 00:17:10 ID:nG2T7v7AO

吸い殻の根本に残った葉を集めて巻いた、この店オリジナルの屑煙草。

超ロースト仕様だと思えば、吸えないこともない。

私はその場で煙草を一本くわえ、店主と立ち話をした。

(#゚;;-゚)「しかし、ごちゃごちゃと色々売ってるよね」

( ^^ω)「お客様のニーズに応えるのも仕事のうちですから」

人工肉製品からよく分からない怪しげなものまで、所狭しと置かれている。

貼り紙に商品名だけ書かれ現物のないものは、恐らくドラッグの類だろう。

(#゚;;-゚)「電音ライブラリの新しいのはある?」

( ^^ω)「いやぁ、ウチじゃ扱ってないですね」


14読者速。:2010/09/06(月) 00:20:36 ID:nG2T7v7AO

(#゚;;-゚)「そうなんだ」

( ^^ω)「技術はあっても、作る人なんていませんよ」

埋め込んだライブラリが不調を来たし、終始音楽が私の脳内で鳴り続けている。

今は丁度、昔好きだったポップソングが流れていた。

(#゚;;-゚)「そっか、ありがとう」

バッテリーが切れるのは私がババアになる頃だろう。

その場に吸いきった煙草を捨てて歩き始める。

吸い殻を拾う店主が目に入ったが、私は何も言わなかった。

(#゚;;-゚)(吸い殻の吸い殻の煙草を巻いて、最後には何を吸うんだろう?)

雑踏の中、私はそんなどうでもいいことを考えていた。


15読者速。:2010/09/06(月) 00:25:26 ID:nG2T7v7AO

露天の繁華街を抜けたそばのマンションに立ち入る。

マンションと言っても管理者は居らず、エントランスは無人だ。

(#゚;;-゚)(ペニサスは201号室だったかな)

鍵の掛かる部屋は殆ど空き部屋で、掛からない部屋は誰かが勝手に使っている。

ペニサスはそこの正式な入居者だが、勝手にそこでバーを開いている。

まともな入居者は稀にいても、まともな人間はあまりいない。

玄関の扉を開けたすぐそこに、いつものようにシャキンが座っていた。

(#゚;;-゚)「こんばんわ」

(`・ω・´)「あ、ども!」

(`・ω・´)「し、でぃさんいらっしゃいませ!」

シャキンはこの店の従業員だ。

ペニサスが言うには用心棒兼、雑用らしいが、私は恋人なんじゃないかと睨んでいる。


16読者速。:2010/09/06(月) 00:29:24 ID:nG2T7v7AO

(`・ω・´)「どうぞ、奥へ」

居間を改装した5席程の簡素なバーには、今時珍しい木材が使われている。

それは何故か私をホッとさせる。よく来てしまうのも、そのせいかも知れない。

('、`*川「あら、いらっしゃい~」

ペニサスはカウンターの内側で、小説を読んでいた。
紙も貴重な現代に小説は贅沢品だ。

(#゚;;-゚)「一番安いお酒」

(`・ω・´)「そんなの飲んでいたら、体に悪いですよ」

(#゚;;-゚)「いいの」

('、`*川「はい、バーボン。混ぜ物無しよ」

(#゚;;-゚)「え?」

粗悪なアルコールを混ぜていないお酒は値段が倍は高い。私もしばらく飲んでいない。


17読者速。:2010/09/06(月) 00:34:04 ID:nG2T7v7AO

('、`*川「これはサービス。あとでシャキン君の給料から引いておくわ」

(;`・ω・´)「そんな勝手な!」

('、`*川「あら、安酒は体に悪いんでしょ?」

(;`・ω・´)「それとこれとは話しが……」

(#゚;;-゚)「……」

似合わないウィンクを決めるペニサスに、横で慌てふためくシャキン。

私はちょっと笑って礼を言った。

(#゚;;ー゚)「ありがとう」

('、`*川「あれ、顔に血が付いてるわ」

('、`*川「私が拭いてあげる~」

どんな接客業にも暗黙のルールがある。


18読者速。:2010/09/06(月) 00:37:09 ID:nG2T7v7AO

客が話したくないと思うことは、訊かないように気をつけなければならない。

('、`*川「また怪我したの?」

('、`*川「でぃさんってば、おっちょこちょいね」

ペニサスはその辺がいまいち分かってないのだ。

緊張した顔のシャキンをよそに、能天気な調子で色々と訊いてくる。

('、`*川「どこを擦りむいたんだろね?」

(`・ω・´)「そ、それよりソイフードが入ったんです。如何ですか?」

そんな対称的な二人が可笑しかった。

(#゚;;-゚)「じゃあ一つ食べようかな」

('、`*川「あ! 誰か別の人の血だったりして!」


19読者速。:2010/09/06(月) 00:44:09 ID:nG2T7v7AO

慌ててシャキンがペニサスの声に被せるように言う。

(;`・ω・´)「分かりました! 今作りますね!」

ペニサスはペニサスでどこ吹く風だった。

この二人だったら何のお店でも成功するかもしれないな、と私は思った。

('、`*川「なんちゃって~」

それから、他愛のない雑談をした。
というよりは、二人の会話に私が時たま意見を言う感じだった。

そういうのが私は好きだった。

('、`*川「でね、シャキン君荷物忘れててね、食料全部腐ってんの」

(#゚;;-゚)「うんうん」

(`・ω・´)「だから、それはペニサスさんが取ってくる予定だったじゃないですか」


20読者速。:2010/09/06(月) 00:50:49 ID:nG2T7v7AO


一枚のアルバムが終わる頃、ペニサスが言った。

('、`*川「そうそう、経血ゼリーの売人が分かったわよ」

接客業は顔が広い。私はペニサスに捜してもらうように頼んでいた。

(#゚;;-゚)「ほんとう、なんて奴?」

('、`*川「私が写真を撮ってきたんだから、えっへん!」

そう言って見せられた写真は、ややピントのずれたものだったが顔は分かった。

それは、私の知る人物だった。

グラスに残った酒を一気に飲みきる。口に独特の酸味が残った。

(#゚;;-゚)「ありがとう、そろそろ行く」


21読者速。:2010/09/06(月) 00:53:06 ID:nG2T7v7AO

('、`*川「また必ず、来なさいよ」

(#゚;;-゚)「うん」

或いはペニサスは私が何をしているのか知ってて、訊くのかもしれない。

ペニサスの言葉は、何となくそんなニュアンスだった。

お金を席に置いて立ち上がると、玄関まで見送りにシャキンがついてきた。

(`・ω・´)「でぃさん、あんまり無茶なことはしないで下さいね」

(#゚;;-゚)「分かってる」

これから無茶をするのだ。
私は話しを変えたくなって、あの推測を聞いてみた。

(#゚;;-゚)「それより、ペニサスとは上手くいってるの?」

シャキンの顔が僅かに緩む。


22読者速。:2010/09/06(月) 00:58:43 ID:nG2T7v7AO

(`・ω・´)「昨日、初めて僕のために料理を作ってくれて…………」

どうやら勘は当たっていたらしい。私は心の中でガッツポーズを決めた。

(`・ω・´)「って、あれ? 知ってたんですか?」

(#゚;;-゚)「ふふ、今知ったの」

(;`・ω・´)「あ、ハメましたね! 内緒の約束なのに!」

(#゚;;-゚)「ずっと仲良くしなきゃだめだよ」

ドアを閉める前に私はそう言った。いつまでも、二人の平和が壊れないことを思って。


23読者速。:2010/09/06(月) 01:06:57 ID:nG2T7v7AO

(#゚;;-゚)(さて、と)

顔を二回ほど叩いて酔いを覚ます。

(#゚;;-゚)(ほろ酔いぐらいなら、大丈夫か……)

その足で私は人と物が溢れる露天街に戻った。

街は夕暮れを迎え、音楽越しでも騒がしく聞こえるくらいに活気づいていた。

(#゚;;-゚)「……」

思えば、納得がいく。

経血ゼリーは高価で取引される。
高い書物だって読めるし、潤沢な資金で売る商品も揃う。

お客様のニーズは広いものだ。

(#゚;;-゚)「こんばんわ」

私の声に顔を上げた彼は、相変わらず笑顔だった。


24読者速。:2010/09/06(月) 01:11:16 ID:nG2T7v7AO

それは、笑顔と呼んでいいのか分からない、笑わない笑顔だった。

( ^^ω)「これはこれは」

( ^^ω)「一日に二度もいらっしゃるなんて珍しいですね」

( ^^ω)「また煙草ですか?」

私は屋台の貼り紙を眺めて言う。

(#゚;;-゚)「そこに書いてある、丹ってのを一つ頂戴」

一瞬店主の表情が曇るのを私は見逃さなかった。

やっぱりそうなのか。

( ^^ω)「ああ、それは倉庫にありまして……」

(#゚;;-゚)「待ってるから取ってきてよ」

( ^^ω)「あ、えと、在庫切れだったかも知れません」

(#゚;;-゚)「どう? これであるかどうか思い出した?」

私は人目も憚らずに、屋台を挟んで店主の頭に拳銃を突きつけた。

(; ^^ω)「ど、どうしたんですか! でぃさん落ち着いて!」


25読者速。:2010/09/06(月) 01:15:03 ID:nG2T7v7AO

なだめる店主を無視して、私は話し始める。

(#゚;;-゚)「一人の可哀想な少女がいたの」

(#゚;;-゚)「ある日買い物に出掛けていた彼女は、突然背後から目隠しをされて」

店主の顔は見る見る青ざめていく。私は続ける。

(#゚;;-゚)「どこかの廃ビルに連れ込まれた」

(#゚;;-゚)「そのあとは何があったか分かるでしょ?」

闇経血ゼリーの出所は、無理矢理奪われた経血ゼリーだ。

悲劇の少女の経血ゼリーはそうやって売られてゆく。

(; ^^ω)「クソッ!」

突然店主が屋台を押し倒した。そして転けそうになりながら逃げ出す。

ごちゃごちゃとなだれる商品を避け、私も追いかける。


26読者速。:2010/09/06(月) 01:18:17 ID:nG2T7v7AO

人混みに向かわず、そのまま後ろの廃ビルに逃げ込んでくれたのは幸いだ。

(#゚;;-゚)「……」

オートドアは開いたまま、止まっている。

注意深く入りこむと、ビルの内部は外見から想像出来ないほど荒れていた。

崩れかけの鉄柱の裏から声だけが聞こえる。

「ははっ! でぃさんよお、てめえの経血ゼリーも頂いてやるよお!」

頭に響くロックが邪魔をして、正確な位置が掴めない。
    Tragic youth was……

(#゚;;-゚)(くそっ! 集中するんだ!)

「いや、そんな傷だらけの女のは、誰も欲しがらないかもなぁあ」

     Now my sight is……
それでも、声のする方向方向に一歩ずつ進む。


27読者速。:2010/09/06(月) 01:25:10 ID:nG2T7v7AO

音楽と緊張で心臓が高鳴り、上下がひっくり返りそうな気分に襲われる。

私は逃げたくなった。

「あっはっははは」
   Da da da da da……

(#゚;;-゚)(落ち着くんだ!)

無理矢理経血ゼリーを奪われた少女のことを考える。

私は、私は逃げるわけにはいかない。

(#゚;;-゚)(あ……)

一瞬、音楽が止まった。曲が終わったのだ。

その静寂を破るかのように微かに、けれど確かに物音が聞こえた。

(#゚;;-゚)(すぐ後ろだ!)


28読者速。:2010/09/06(月) 01:33:49 ID:nG2T7v7AO

勢いよく振り返り、構えた拳銃を発砲する。

(; ^^ω)「ああっ……ぐ、」

確かに彼は後ろにいた。私の放った弾丸は、見事に彼の首を貫いていた。

(#゚;;-゚)(やった……)

だけど、彼は余りにも近くにいた。胸がじわじわと痛み出して、それが分かった。

見ると、ナイフが私の胸に突き刺さっていた。

(#゚;;-゚)(……)

(#゚;;-゚)(ペニサスさん、ごめんなさい……)

(#゚;;-゚)(もうお店、行けないや……)

彼は床に伏せたままだ。恐らく死んだ。

私はよろめきながら、少し離れた位置に座り込む。

(#゚;;-゚)「うっ……」

体が火照り、頭が燃えるように熱い。外の風を浴びたいが、もう一歩も歩けそうにない。


29読者速。:2010/09/06(月) 01:39:45 ID:nG2T7v7AO

割れるような音量でロックが流れている。

(#゚;;-゚)(この曲がラストナンバー、か……)

好きな曲を聴きながら死ねるのも幸せなのかも、と私は思った。

(#゚;;-゚)(ほんとは、もう少し生きていたかったけど)

痛みが段々と薄らいでいく。神経が麻痺しているだけかもしれない。

(#゚;;-゚)(好きな男に経血ゼリーすらあげれなかったな……)

(#゚;;-゚)(結局、そんな男は現れなかったけど)

(#゚;;-゚)「ふふっ」

次第に意識が閉じていくのを感じる。考えも上手くまとまらない。

(#゚;;-゚)「ばいばい、しぃちゃ……」

(#゚;;-゚)「」


頭の中では、私の知らない平和だった時代のロックがいつまでも流れていた。


30読者速。:2010/09/06(月) 01:46:29 ID:nG2T7v7AO



* * * * * *


砂粒大の何かが夕日を受けてキラキラと輝いている。

道路は完璧に舗装されているから、僕はすぐに分かった。

('A`)「何だろう?」

近づいて手に取ってみると、それは音楽の電子ライブラリのようだった。

雨や風にさらされて、所々傷付いている。

('A`)「埋め込むタイプのだ、古いなぁ」

('A`)「風に飛ばされてきたのかな?」

(*'A`)「もしかしたら、お宝かも!」

家に帰ったらパソコンに繋いでみよう。まだ聴けるかもしれない。

なんだか僕は楽しくなって、経血ゼリーが貰えない事もどうでもよくなった。


31読者速。:2010/09/06(月) 01:51:54 ID:nG2T7v7AO

('A`)「多分少し間違えていたんだ」

冷静になって、初めて僕は気付いた。

('A`)「たくさんあっても意味無いじゃないか」

ただ一つだけでも、好きな人の経血ゼリーが貰えればそれで充分なんだ。

そしてきっと、それが出来る世界は平和なんだ。

('A`)「……よし!」

(*'A`)「いつか、経血ゼリーの貰える男になるぞ!」

僕は家に向かって走り出した。

電子ライブラリをなくさないように、ギュッと握りしめて。




終わり


32 ◆nBapHd/hQc:2010/09/06(月) 01:57:21 ID:nG2T7v7AO

夜遅くまで投下に時間掛かってすみませんでした。

そして、三国志お疲れ様アンドありがとうございました!


[ 2010/09/07 20:50 ] 三国志Z作品 | TB(0) | CM(2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/09/15 04:25 ] [ 編集 ]

ドクオのくだりがない方が纏まってた気がする。
[ 2010/09/12 01:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sangokusiz.blog130.fc2.com/tb.php/67-acbacd2b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。