FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12.('A`)信じる者は救われるようです

('A`)信じる者は救われるようです


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:21:44.14 ID:xU0SZRPaP
('A`)「かーちゃんかーちゃん、怪獣出た」

J( 'ー`)し「あらあら大変」

J( 'ー`)し「お裁縫のきりが付いたら行きますからね」

('A`)「帰ってからにしようよ」

J( 'ー`)し「それもそうね」

J( 'ー`)し「でもねドックン」

J( 'ー`)し「注意一秒怪我一生」

J( 'ー`)し「何事も備えあれば憂いなしなのよ」

('A`)「耳にたこだよ」

('A`)「あとドックンて言うな」

J( 'ー`)し「どwwwwwくwwwwっwwwwんwwwwwwww」

('A`)「うぜえ」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:23:45.95 ID:xU0SZRPaP
ζ(゚ー゚*ζ「あら奥さん、おはようございますわ」

J( 'ー`)し「あらあらデレさん、おはようございます」

ζ(゚ー゚*ζ「それにしても参りましたわ」

ζ(゚ー゚*ζ「あてくし、洗濯物の途中でしたのに」

ζ(゚ー゚*ζ「怪獣にもタイミングというものを知って欲しいですわね」

J( 'ー`)し「あらあらそれはお気の毒に」

J( 'ー`)し「怪獣が出ると粉塵や」

J( 'ー`)し「業火で辺り一面焼け野原になってしまいますものねえ」

ζ(゚ー゚*ζ「まったくですわ」

ζ(゚ー゚*ζ「縁恕丹冠譚慈菩侃神様のご加護があっても」

ζ(゚ー゚*ζ「炊事洗濯は女の戦場ですものねえ」

J( 'ー`)し「まったくですわねえ」

J( 'ー`)し ドッ ムホホ ζ(゚ー゚*ζ

('A`)「かーちゃん、はやく」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:25:45.89 ID:xU0SZRPaP
('A`)「縁恕丹冠譚慈菩侃神様の加護を受けた」

('A`)「聖地羅鋼稔辿に避難しに来た」

( ^ω^)「おうドクオwwwwwww」

( ^ω^)「相変わらずきめぇなwwwwwww」

(´゚ω゚`)「おうっwwwおうっwwwwおうっwwwww」

('A`)「なんという熱烈な歓迎」

('A`)「これもすべて縁恕丹冠譚慈菩侃神様のおかげに違いない」

('A`)「ありがたや、ありがたや」

( ^ω^)「ありがたや、ありがたや」

(´゚ω゚`)「ありがたや、ありがたや」

( ^ω^)「おいドクオwwwwwwww」

( ^ω^)「ヒールババアがまた変な事言ってるぜwwwwwww」

( ^ω^)「見にwwwww行こうぜwwwwwwwww」

(´゚ω゚`)「おうっwwwおうっwwwwおうっwwwww」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:27:45.87 ID:xU0SZRPaP
川#` ゥ´)「だからお前たちは馬鹿なんだ!」

川#` ゥ´)「何でもかんでも信じよってからに!」

川#` ゥ´)「そうやって信じてれば」

川#` ゥ´)「救われると思いよってからに!」

川#` ゥ´)「ぷんぷん!」

川#` ゥ´)「わかってるよちくしょう!」

川#` ゥ´)「本当はお前たちみたいに生きた方がいいんだ!」

川#` ゥ´)「愛おしいな馬鹿どもめ!」

川#` ゥ´)「うらやましいな糞が!」

川#` ゥ´)「この世で生きるにはな!」

川#` ゥ´)「あたいは賢すぎるんだ!」

川#` ゥ´)「賢いからな!」

川#` ゥ´)「生きてて辛いんだよ!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:29:47.34 ID:xU0SZRPaP
('A`)「なんという演説」

('A`)「見事に誰も聞いていない」

( ^ω^)「うはwwwうはははwwwうごひょほぼげぇええwwwwww」

(´゚ω゚`)「おうっwwwおうっwwwwおぐぼぐろげぎょぉおおおwwwwww」

('A`)「大 ☆ 爆 ☆ 笑」

('A`)「嘔吐物を撒き散らしながら大回転しておる」

('A`)「おや? おやや? あれにあるは」

(・∀ ・)

( ´∀`)

('A`)「縁恕丹冠譚慈菩侃神教会の大幹部にあらせられる」

('A`)「破眞峡宜大四天またんき様と」

('A`)「絽稿鴈蕪大四天モナー様ではないか」

( ^ω^)「マジで!?」

(´゚ω゚`)「マジで!?」

(・∀ ・) 「うん、マジで」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:31:47.65 ID:xU0SZRPaP
(・∀ ・) 「こんにちわ、下々」

('A`)「ははー」

( ^ω^)「ははー」

(´゚ω゚`)「ははー」

( ´∀`)「くせえ」

(・∀ ・) 「ははっ、下々がははーだってよ、ははっ」

( ´∀`)「くせえ」

('A`)「しかしまたんき様とモナー様と言えば」

('A`)「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主シナー様に次ぐ貴人」

('A`)「なぜこのような場所へ?」

(・∀ ・) 「視察、だよ、下々」

(・∀ ・) 「ぼくはもう帰るけど」

(・∀ ・) 「モナーはここにいるから」

( ´∀`)「くせえ」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:33:47.43 ID:xU0SZRPaP
('A`)「しかし破眞峡宜大四天またんき様」

('A`)「聖地を離れると縁恕丹冠譚慈菩侃神様のご加護が消え」

('A`)「怪獣に狙われてしまうかもしれませぬ」

('A`)「危ないよ?」

(・∀ ・) 「大丈夫だし」

(・∀ ・) 「おれ超つえーし」

(・∀ ・) 「おれ行くし」

(・∀ ・) 「モナー頼んだし」

('A`)「なんと」

('A`)「ぼくらみたいな下々には背負いきれないような大役」

( ^ω^)「謹んでwwwwwwww」

(´゚ω゚`)「おうっwwwおうっwwwwおうけしますっwwwww」

(・∀ ・) 「じゃあね」

(・∀ ・) 「ばーか」

( ´∀`)「くせえ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:36:48.91 ID:xU0SZRPaP
('A`)「かーちゃんかーちゃん、聞いて聞いて」

J( 'ー`)し「ぺちゃぺちゃぺちゃくりーの」

ζ(゚ー゚*ζ「ぺちゃぺちゃぺちゃくりーぬ」

J( 'ー`)し ヌローン ζ(゚ー゚*ζ

('A`)「かーちゃんかーちゃん」

J( 'ー`)し「あら何かしら、我が最愛の息子ドックン」

('A`)「破眞峡宜大四天またんき様に」

('A`)「絽稿鴈蕪大四天モナー様のことを頼まれた」

('A`)「あと人前でドックン言うな」

( ´∀`)「くせえ」

J( 'ー`)し「あらあらそれは」

J( 'ー`)し「すばらしきことこの上なし」

J( 'ー`)し「ありがたや、ありがたや」

ζ(゚ー゚*ζ「ありがたや、ありがたや」

('A`)「ありがたや、ありがたや」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:38:49.39 ID:xU0SZRPaP
( ^ω^)「おいドクオwwwwwwww」

( ^ω^)「おいドクオってばwwwwwwwww」

('A`)「なんだろうか我が輩よ」

( ^ω^)「怪獣がwwwww壁食ってるwwwww」

( ^ω^)「入ってwwwwwww来てるしwwwwwwwwww」

(´゚ω゚`)「おうっwwwおうっwwwwおうっwwwww」

('A`)「なんということだろう」

('A`)「口元になにやらすごそうな波動が溜まっているではないか」

ζ(゚ー゚*ζ「あらまあ、あてくし知っていましてよ」

ζ(゚ー゚*ζ「隣町はこれに焼かれて消滅しましたわ」

J( 'ー`)し「あらあらまあまあ、これは大変ねえ」

('A`)「などと言ってる間に波動は放たれてしまった」

( ´∀`)「くせえ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:40:50.09 ID:xU0SZRPaP
('A`)

('A`)「怪獣の放った破壊光線によって」

('A`)「みんな死んだ」

('A`)「破壊光線はわっか状だった」

('A`)「中心にいたので助かったようだ」

('A`)「ブーンも死んだ」

('A`)「ショボンも死んだ」

('A`)「カーチャンも死んだ」

('A`)「みんな縁恕丹冠譚慈菩侃神様の下へ還られた」

('A`)

('A`)「いいなあ」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:42:50.77 ID:xU0SZRPaP
(,,゚Д゚)「やや、あそこに人がおるぞ」

(*゚ー゚)「なんということでしょう」

(*゚∀゚)「怪獣の一撃を受け生き延びる人がいるなんて」

(#゚;;-゚) 「さぞや徳高き方に違いありませぬ」

('A`)「なにやら騒がしいことになってきた」

(,,゚Д゚)「見かけぬ顔でござる、見かけぬ顔でござる」

(,,゚Д゚)「名はなんと申されるのか」

('A`)「ドクオ、ドクオ」

('A`)「何者でもない、一信徒にござりまする」

(,,゚Д゚)「なんと見事な受け答え」

(*゚∀゚)「それにこの風格」

(#゚;;-゚)「猛き力に慈しみの心が見えまする」

(*゚ー゚)「もしや奔香赦螺鵡寵呉慈天様の生まれ変わりでは」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:44:50.67 ID:xU0SZRPaP
('A`)「奔香赦螺鵡寵呉慈天と言えば」

('A`)「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主シナー様の亡き弟君」

('A`)「ニダー様の位ではございませんか」

('A`)「私ごときにその名を冠したと知れれば」

('A`)「勢常宴完より外れ堵寧鵡癌に堕とされてしまいますよ」

(*゚ー゚)「またまたご謙遜なさる」

(*゚∀゚)「だがその点こそが真なる証拠」

(,,゚Д゚)「申し遅れましたるは我が名」

(,,゚Д゚)「縁恕丹冠譚慈菩侃神教会武家五仕双門役」

(,,゚Д゚)「ギコ左衛門と申しまする」

(#゚;;-゚)「これより我ら」

(*゚ー゚)「ドクオ様を上天と拝みますれば」

(,,゚Д゚)「その下陰に仕えさせて頂きたいと存じまする」

('A`)

('A`)「えー」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:46:50.79 ID:xU0SZRPaP
/ ,' 3「あの怪獣の襲撃から生き延びたそうじゃ」

( ,'3 )「わしの聞いた話では撃退したとのことじゃぞ」

(‘_L’)「なんの、撃退どころか討伐したという話じゃ」

( <●><●>)「なんのなんの、犬か何かのように手懐けたというではないか」

(*゚∋゚)「それもそのはず、奔香赦螺鵡寵呉慈天ニダー様の生まれ変わりと聞く」

/ ,' 3「何、それは真か?」

( ,'3 )「真じゃ真じゃ、ギコ殿がそう喧伝しておった」

(‘_L’)「ギコ殿ならば間違おうはずもない」

( <●><●>)「素晴らしきはドクオ様じゃ」

(*゚∋゚)「上奔香赦螺鵡寵呉慈天ドクオ様じゃ!」

('A`)

('A`)「知らないところで話がでかくなっている」

('A`)

('A`)「大変なことになってしまった」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:48:51.71 ID:xU0SZRPaP
(#゚;;-゚)「ドクオ様、こちらが御住居になりまする」

(*゚∀゚)「ドクオ様、こちらがお召し物になりまする」

(*゚ー゚)「ドクオ様、こちらがお食事になりまする」

('A`)「なにがどうなっているんだ」

(・∀ ・) 「あれあれ? こんなところに下々が」

(・∀ ・) 「誰だよ、ここに下々いれた奴は」

(,,゚Д゚)「破眞峡宜大四天またんき殿、口を慎まれるが良かろう」

(,,゚Д゚)「楠虔雅嬬五樂殷の冠位を頂いたドクオ様は」

(,,゚Д゚)「今やあなた様と同格」

(,,゚Д゚)「我が上天を愚弄するというなら」

(,,゚Д゚)「取って食うぞゴラァ」

(・∀ ・) 「ぐっ、覚えておけよ青二才」

(・∀ ・) 「この借りは返させてもらうからな」

(・∀ ・) 「ばーかばーか」

('A`)「どうしてこうなった」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:50:51.88 ID:xU0SZRPaP
(・∀ ・) 「というわけでございまして」

(・∀ ・) 「楠虔雅嬬五樂殷ドクオの増長甚だしく」

(・∀ ・) 「聞いたところによりますれば」

(・∀ ・) 「奔香赦螺鵡寵呉慈天の位を騙っているとすらも」

(・∀ ・) 「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主シナー様の」

(・∀ ・) 「その御位をすら狙っているという」

(・∀ ・) 「噂さえ上がる始末でございます」

(・∀ ・) 「災いの芽、放っておいては」

(・∀ ・) 「ニダー殿の二の舞にならぬとも限りませぬ」

( ・∀・)「そんなことを言って、実はまたんき殿の私怨ではござらぬのか?」

(・∀ ・) 「何をおっしゃる兎さん」

( ・∀・) ヌハハ (・∀ ・)

(-@∀@)「して、いかがいたしましょう」

( `ハ´)「ドクオは」

( `ハ´)「消す」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:52:53.74 ID:xU0SZRPaP
(’e’)「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主シナー様よりの御令である!」

(’e’)「楠虔雅嬬五樂殷もといドクオ!」

(’e’)「逆賊としてその命」

(’e’)「もらいうける」

( ・□・)「尋常に討たれい」

('A`)「剣や刀や槍や弓を持った筋骨隆々な方々が一面に」

('A`)「一体ぼくが何をしたというのだろうか」

(’e’)「しらばっくれるか逆賊め」

( ・□・)「貴様が縁恕丹冠譚慈菩侃大教主シナー様の命を狙い」

( ・□・)「世の中を徒に混乱せしめようとしていることは」

( ・□・)「道行く赤子から天上の縁恕丹冠譚慈菩侃神様まで周知の通り」

(’e’)「最早言い逃れはできぬぞ」

('A`)

('A`)「えー」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:54:53.69 ID:xU0SZRPaP
(,,゚Д゚)「そうは問屋が卸さぬ」

(’e’)「げげっ、武家五仕双門役ギコ左衛門!?」

(*゚ー゚)「我らが目の黒い内は」

(*゚∀゚)「貴様ら悪党に好き勝手はさせぬ」

(#゚;;-゚)「斬って刻んで磨り潰す」

( ・□・)「ええい武家五仕双門なにするものぞ!」

(’e’)「たったの四人で何ができるか」

(’e’)「我ら三百の精兵を持って押し包んでくれる」

(’e’)「者共かかれぃ!」

('A`)

('A`)「で」

('A`)「瞬く間に死屍累々なわけですが」

(,,゚Д゚)「お怪我はございませぬか」

('A`)「なんで君に怪我がないのよ」
25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:56:53.99 ID:xU0SZRPaP
(,,゚Д゚)「縁恕丹冠譚慈菩侃シナー殿、いやシナーの考えは最早明白」

(*゚ー゚)「人世の地位にすがり」

(*゚∀゚)「天意を蔑ろにしています」

(#゚;;-゚)「最早天意は我らに有り」

(,,゚Д゚)「人を集め、決起せねばなるまい」

(,,゚Д゚)「楠虔雅嬬五樂殷ドクオ様、いえ」

(,,゚Д゚)「改めまして縁恕丹冠譚慈菩侃大教主ドクオ様」

(,,゚Д゚)「我らを真なる平和の地平へ」

(,,゚Д゚)「その御手でお導き下さりますれば」

('A`)「つまり?」

(*゚ー゚)「我ら真なる逆賊を討つべく」

(*゚∀゚)「天地を巻き込む大戦争を」

(#゚;;-゚)「天意を知らしめる大聖戦を起こしまする」

('A`)

('A`)「えー」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 19:58:54.84 ID:xU0SZRPaP
('A`)「あれよあれよと」

('A`)「戦争始まっちゃった」

('A`)「すぐに負けると思ってたのに」

('A`)「なんのかんので五分五分なのね」

('A`)「こっちに付く人妙に多いし」

('A`)「しかし今回の相手は」

( ・∀・)「フハハハハー!」

( ・∀・)「厳芭餞鶯大四天モララー様率いるこの大軍勢」

( ・∀・)「陸海空を埋め尽くすその総数は一千万をも上回る」

( ・∀・)「前進も後退も貴様らにはない」

( ・∀・)「ただ虫けらの如くもがき苦しむがよい」

( ・∀・)「一匹残らず駆逐してくれる」

('A`)

('A`)「これはダメかもわからんね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:00:55.62 ID:xU0SZRPaP
('A`)「案の上の負け戦」

('A`)「そもそも何のための戦?」

(#゚;;-゚)「ぐふっ」

(*゚ー゚)「ああ、でぃがやられた!」

(*゚∀゚)「なんてこったい!」

( ・∀・)「武家五仕双門役ギコ左衛門との分断工作が為った時点で」

( ・∀・)「勝敗は既に決していたのだ」

( ・∀・)「有象無象の雑魚共など」

( ・∀・)「数の圧力で押し潰してくれよう」

( ・∀・)「天に仇なす不届き者め」

( ・∀・)「貴様の悪行、これにて終いだ」

('A`)「最早絶体絶命」

('A`)

('A`)「ようやく死ねる」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:02:55.70 ID:xU0SZRPaP
(=゚ω゚)「大変だょぅ、大変だょぅ!」

( ・∀・)「天誅せんと振り上げたこの刃を留めるのは誰ぞ」

( ・∀・)「つまらぬ事なら、貴様の首も同時に刎ねる」

(=゚ω゚)「怪獣が、モララー様の軍勢を焼き尽くしちゃったょぅ!」

( ・∀・)

( ・∀・)「なにー!?」

('A`)「なんともはや、百を越える怪獣が」

('A`)「空中を悠々と旋回しているではないか」

( ・∀・)「しかし勝利は我が方に!」

( ・∀・)「貴様を殺せばそれで良いのだ!」

(=゚ω゚)「あわわわわわ! 怪獣が、怪獣が!」

( ・∀・)「今度はなんだ!」

(=゚ω゚)「ぼくらに向けて波動を溜めているょぅ!」

( ・∀・)

( ・∀・)「そんな馬鹿なー!?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:04:55.60 ID:xU0SZRPaP
(,,゚Д゚)「守護神獣の加護により」

(,,゚Д゚)「我らは偉大な勝利に前進を許された」

(,,゚Д゚)「これぞ天意」

(,,゚Д゚)「守護神獣を司るドクオ様こそ」

(,,゚Д゚)「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主であることは明白!」

(,,゚Д゚)「今こそ偽りの天帝を討ち果たすのだ!」

('A`)「怪獣が蒸発させたのは」

('A`)「モララーの軍勢だけではないのだけれど」

('A`)

('A`)「なんだか優勢になっているのは事実で」

('A`)「怪獣がぼくを燃やさないのも事実なわけで」

('A`)「なんだかんだで」

('A`)「本丸にまで辿り着いてしまったわけで」

('A`)

('A`)「縁恕丹冠譚慈菩侃神様ってなんだったんだ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:06:55.88 ID:xU0SZRPaP
( `ハ´)「最早これまで、か」

( `ハ´)「だが覚えておくがいい」

( `ハ´)「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主である我を滅ぼすということは」

( `ハ´)「この世に災厄をもたらす最悪の結末に陥るであろう事を」

( `ハ´)「予言してやろう」

( `ハ´)「世界はそう遠くない未来に」

( `ハ´)「消滅するだろうということを、な」

( `ハ´)「ぐふっ」

(-@∀@)「あ、あっしは関係ないでありんす!」

(-@∀@)「全部そこの、シナーがやったことでありんす」

(-@∀@)「この! この! ほらこの通り」

(-@∀@)「足蹴にもできるでありんす、串刺しにもできるでありんす」

(,,゚Д゚)「天誅」

(-@∀@)「ぎゃー!」

('A`)


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:08:55.60 ID:xU0SZRPaP
(・∀ ・) 「ドクオくん、いやドクオ様」

(・∀ ・) 「ぼくを殺すのはちょいと一考していただきたい」

(・∀ ・) 「縁恕丹冠譚慈菩侃教会の教義を創ったのはね」

(・∀ ・) 「実はこのぼくなんだ」

(・∀ ・) 「奇跡もあの世も全部嘘っぱち」

(・∀ ・) 「シナーはただの農民だしね」

(・∀ ・) 「本人は自分が特別だと思うようになっちゃったけど」

(・∀ ・) 「本当は困ってたんだよね」

(・∀ ・) 「ぼくが言いたいのはね」

(・∀ ・) 「運営のノウハウや新しい教義を造る為」

(・∀ ・) 「ぼくを雇ってくれないかってことなのさ」

(,,゚Д゚)「ドクオ様、いかがいたしましょうか」

('A`)「いいよ」

('A`)「もうなんでも」

(・∀ ・) 「ありがたや、ありがたや」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:10:56.79 ID:xU0SZRPaP
(・∀ ・) 「先の戦争で世界人口の」

(・∀ ・) 「実に七割が死んでしまったからね」

(・∀ ・) 「古い教義がすべて悪かったことにして」

(・∀ ・) 「解りやすい叩き場所を作ってやらなければならない」

(・∀ ・) 「そのたまに縁恕丹冠譚慈菩侃神は」

(・∀ ・) 「人心を惑わす悪魔だったということにしよう」

(・∀ ・) 「古い因習も全部禁止してしまおう」

(・∀ ・) 「破った奴は、有無を言わさず粛清しちゃおう」

('A`)

('A`)「ギコは、文句無いの?」

(,,゚Д゚)「天意はドクオ様と共に有り」

(,,゚Д゚)「我らはただ、傅き甘受させて頂くばかりで御座います」

('A`)

('A`)「もう何が何やら」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:12:56.88 ID:xU0SZRPaP
'A`)「人目を盗んで町に出よう」

('A`)「公務の連続で自分の時間も持てやしない」

('A`)「今日中に四百三十の教義を考えなければいけないそうだけど」

('A`)「教義ってかなり適当に創られていくのね」

('A`)「縁恕丹冠譚慈菩侃教会教義もそうだったのかなあ」

( ><)「あ、あれは繕廟楫駕繍錫盟鈷輯人神ドクオ様なんです!」

*(‘‘)*「本当だ、繕廟楫駕繍錫盟鈷輯人神ドクオ様だ!」

('A`)「見つかってしまった」

(*゚∋゚)「ありがたや、ありがたや」

( <●><●>)「縁恕丹冠譚慈菩侃大教主様ありがたや」

/ ,' 3「あ」

( `ー´)「貴様、悪魔の名を騙ったな!」

( <●><●>)「ぎゃー!」

('A`)

('A`)「えー」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:14:56.80 ID:xU0SZRPaP
('A`)「もう疲れた」

('A`)「広場に出よう」

('A`)「ここはぼくの私設庭園」

('A`)「誰とも会う心配はない」

('A`)

('A`)「花は、綺麗だなあ」

川 ゚ -゚)「もしもしあなた様」

川 ゚ -゚)「ここは誰でしょう」

川 ゚ -゚)「私は何処でしょう」

('A`)

('A`)「なぜこんな所に見知らぬ女性が」

('A`)「発言を鑑みるに、記憶喪失のようだ」

('A`)

('A`)「わがまま不二子ちゃん、ぼでぃ」

('A`)「すきだ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:16:58.22 ID:xU0SZRPaP
川 ゚ -゚)「つまりだな」

川 ゚ -゚)「客観を判別するのが主観である以上」

川 ゚ -゚)「主観を持つ生物は客観に至る事は出来ないのだよ」

('A`)「なるほどわからん」

川 ゚ -゚)「君は実に馬鹿だな」

('A`)

('A`)「クーはすっかり元気になった」

('A`)「相変わらず記憶は戻らないけど」

('A`)「そんなことは問題にならない」

川 ゚ -゚)「美しい宮殿だな」

('A`)「君の美しさには敵わないさ」

川 ゚ -゚)「きめえ」

('A`)

('A`)「なんという、懐かしい響き」

('A`)「胸に込み上げる、この感情」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:18:58.66 ID:xU0SZRPaP
从 ゚∀从「あの女、あの女!」

('、`*川「キー! 繕廟楫駕繍錫盟鈷輯人神ドクオ様を誑かして!」

∬´_ゝ`) 「許せないわ、何とか化けの皮を剥がせないかしら!」

川 ゚ -゚)「その女とは、私のことかな」

川 ゚ -゚)

('A`)「どうかしたかい、マイラバー」

川 ゚ -゚)「きめえ」

川 ゚ -゚)「なんでもない、死ね」

('A`)「後で、話があるんだ」

('A`)「是非聞いて欲しい」

川 ゚ -゚)「わかった、後で行く」

川 ゚ -゚)

从 ゚∀从「く、くるし」

('、`*川「た、たすけ」

∬´_ゝ`)「し、しぬぅ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:20:58.67 ID:xU0SZRPaP
('A`)「ずっと暗い気持ちだったけど」

('A`)「君と会えてとても明るくなれたんだ」

('A`)「ぼくには君が必要です」

('A`)「ぼくと」

('A`)「結婚してください」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「予行演習をするなら」

川 ゚ -゚)「もっと周囲を確認するべきだろう」

('A`)

('A`)「ぼくと」

('A`)「結婚してください」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「いいですとも!」

('A`)「や」

('A`)「やったあ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:22:58.50 ID:xU0SZRPaP
(*‘ω‘ *)「これより婚礼の儀を執り行うっぽ!」

(*‘ω‘ *)「杯交換の儀!」

(*‘ω‘ *)「新婦クーは、杯の中点まで飲むっぽ!」

川 ゚ -゚)「にがい」

(*‘ω‘ *)「我慢しろっぽ!」

(*‘ω‘ *)「次に」

(*‘ω‘ *)「新郎、繕廟楫駕繍錫盟鈷輯人神ドクオ様は」

(*‘ω‘ *)「新婦クーが残した杯を飲み干すっぽ」

('A`)「にが」

('A`)

('A`)「甘い?」

('A`)

('A`)「甘甘甘甘甘まままままままま」

('A`)「うぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴ」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:24:58.71 ID:xU0SZRPaP
(*゚ー゚)「ぺろ、これは第一種指定危険毒物!」

(,,゚Д゚)「貴様、反乱軍だな!」

川 ゚ -゚)「のばら!」

(*゚∀゚)「悪女は切り伏せました」

(,,゚Д゚)「繕廟楫駕繍錫盟鈷輯人神ドクオ様の容態は!」

( ゚д゚ )

( ゚д゚ )「とても、トリップです」

('A`)「とりっぷとりっぷー」

('A`)「色がどんどん混ざっていくよー」

('A`)「輪郭もないねー」

('A`)「みんなみんな溶けてつながっていくー」

('A`)「気持ちいい、気持ちいいー」

('A`)「体も溶けていくー」

('A`)

('A`)「はぁーん」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:26:59.71 ID:xU0SZRPaP
('A`)「一命を取り留めました」

('A`)「ですがクーはもういません」

('A`)

(゚、゚トソン「今は、助かったことを喜びましょう」

(゚、゚トソン「どうでしょう、りんごでもおあがりになりませんか」

('A`)「青りんごより赤りんごがいいなあ」

(゚、゚トソン「いえ、これは赤りんごですが」

('A`)「え」

(゚、゚トソン「え」

('A`)「リハビリがてらに歩きに出てみた」

('A`)「あんな所に猫がいる」

('A`)「かわいい猫だなあ」

ミセ*゚ー゚)リ「ご冗談を、あれはヒポポタマスですよ」

('A`)「え」

ミセ*゚ー゚)リ「え」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:28:59.71 ID:xU0SZRPaP
('A`)「どうしたことだろう」

('A`)「色も形も意味さえも」

('A`)「みんなとずれて噛み合わない」

('A`)「間違っているのはぼくかみんなか」

('A`)「あるいはその両方か」

('A`)

(・∀ ・)「これじゃまともな運営が出来ないよう」

(*゚ー゚)「このままでは民も混乱してしまいます」

(*゚∀゚)「ドクオ様もシナーと同じだったのでしょうか」

(,,゚Д゚)

(,,゚Д゚)「天意は、ドクオ様から離れたか」

(,,゚Д゚)「最早仕えるべき主にあたわず」

(,,゚Д゚)「天誅せしめん、お覚悟を!」

('A`)

('A`)「ブルータス、お前もかー」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:30:59.77 ID:xU0SZRPaP
('A`)

('A`)「怪獣が、ギコらを焼き払った」

('A`)「もう人間なんて信じられない」

('A`)「同じ言葉を、異なる意味で解しているのかもしれない」

('A`)「同じ物を見て、異なる認識をしているのかもしれない」

('A`)「そして、それを確かめる術はない」

('A`)「客観は主観なり、客観は主観なり」

(゚、゚トソン「ぎゃー!」

ミセ*゚ー゚)リ「ぎゃー!」

/ ,' 3「ぎゃー!」

(*゚∋゚)「ぎゃー!

('A`)「みんなみんな、粛清だ」

('A`)

('A`)「もういやだ」

('A`)「寝る」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:32:59.79 ID:xU0SZRPaP
('A`)「ここはどこだ」

( ФωФ)「ここはお前の夢の中である」

('A`)「あんたは誰だ」

( ФωФ)「我輩は地球意思である」

('A`)「その地球意思様が何のご用で」

( ФωФ)「大地は海の如く波打ち」

( ФωФ)「天は破壊の獣で満ち溢れ」

( ФωФ)「太陽は灼熱と氷河を繰り返す」

( ФωФ)「その先に生命はなく」

( ФωФ)「その先に生命はない」

('A`)「つまり?」

( ФωФ)「三日後に地球滅びるから」

( ФωФ)「かしこ」

('A`)

('A`)「えー」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:34:59.79 ID:xU0SZRPaP
('A`)「目が覚めるとそこは雪国ではなかった」

('A`)「武器を構えた臣民が取り囲んでおる」

('A`)

('A`)「三日後に地球滅びるから」

('A`)「かしこ」

('A`)

('A`)「みんな逃げよった」

('A`)

('A`)「どうしてこうなってしまったかなあ」

('A`)「昔はもっと安心感に包まれていたのになあ」

('A`)「ブーン」

('A`)「ショボン」

('A`)「かーちゃん」

('A`)

('A`)「三日経ってしまった」
47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:37:00.98 ID:xU0SZRPaP
(・∀ ・) 「三億二千万の信徒が、すべて集結しております」

('A`)「どれどれ」

('A`)

('A`)「みな、安心感に満ち溢れた顔をしている」

('A`)「不安なんて、露ほどもなさそうだ」

('A`)

('A`)「ヒールババアは、始めから解っていたんだなあ」

('A`)「信じる者が馬鹿ならば」

('A`)「幸福は馬鹿しか知らない」

(・∀ ・)

(・∀ ・) 「い」

(・∀ ・) 「いやだー! 死にたくなーい!」

(・∀ ・) 「死にたくなーーーーい!」

('A`)「これが、信じられなかった人」

('A`)「あれが、信じ続けている人々」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:39:01.11 ID:xU0SZRPaP
\(^o^)/「繕廟楫駕繍錫盟鈷輯人神 どくおさまが かおをだされた」

|  ^o^ |「なんという こうごうしい おすがた」

| ^o^ |「ありがたや ありがたや」

/^o^\「いよっ だいとうりょう」

('A`)「空は黄昏に包まれ」

('A`)「怪獣が世界を燃やし尽くしている」

('A`)「大地は生命を飲み込んで隆起し」

('A`)「ディ○ニーは版権を手放した」

('A`)「それでも人々の目に恐怖はない」

('A`)

('A`)「ぼくもあちら側にいたかったなあ」

|(●),  、(●)、|「ドクオ様が、ドクオ様が!」

N| "゚'` {"゚`lリ「御手を上げられたじゃないの」

('A`)「ぼくが言いたいことはひとつ」

('A`)「たったひとつの、シンプルな答えです」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/05(日) 20:40:21.61 ID:xU0SZRPaP









ヽ('A`)ノ「信じる者は救われるようです」










                       おわり

[ 2010/09/06 07:29 ] 三国志Z作品 | TB(0) | CM(3)

面白いな。いいねコレ
[ 2010/09/11 00:05 ] [ 編集 ]

いいねコレ
[ 2010/09/09 21:33 ] [ 編集 ]

くそつまんね
[ 2010/09/09 16:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sangokusiz.blog130.fc2.com/tb.php/57-ac24dd47


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。