FC2ブログ









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第0回 屈辱の一年をふりかえって

ギャグ超人血盟軍
sakusaku-ru2


第0回 屈辱の一年をふりかえって




忘れもしない去年の夏・・・
ツンチーム、まさかの敗北っ・・・それもぽっとでのクーチームにっ・・・!

我が軍を裏切りクーチームへ流れていく精鋭たちをただただ呆然と見送ることしかできなかった。
あの日以来、街を歩けば負け犬と罵られ石を投げられた。
戦いを終え、家に帰ると父と母は磔にされ、家は燃やされいた。
病に侵されていた妹は兄である私が敗戦国であるツンチームに所属していたという理由だけで
医者にかかることもできずに私の腕の中で息を引き取った。

「お兄ちゃん・・・来週のサザエさん・・・チョキ――」

今でも私はサザエさんに向かってグーを出し続けている。
画面の向こうに、いるはずもない妹の姿を探していることさえある。そもそも妹なんていない。

クーチームを優勝に導き、なおかつ個人戦で一位を手にした天国氏。
私の超人強度ではシリアスの神に力を与えられた彼の一億パワーに遠く及ばなかった。
ギャグではシリアスに勝てないのか?



ツンチームのエース、ドリンクバー氏のペニスマンは個人戦で三位に輝いた。
確かに敵の喉元まで喰らい付いたのだ。

それに私も今だから告白するが、去年の三国志開催時は全身を複雑に骨折し、内臓も破裂していて
海楼石の手錠をはめられそれでも必死に舌で携帯を打ち、しかし投下中には心臓が三回止まったので
本来の力の10パーセントも出せていない状態だったのだ。


しかしチャンスはやってきた! 三国志Z!


やってやろうじゃん。
ギャグでてっぺんとったろうじゃん。

私の目的はただ一つ、個人戦の1位から5位までをギャグで埋めること。
それには私個人の力ではどうすることもできない。
私のもてる限りの知識と技術をブーン系小説風味にさらけ出し、多くのギャグマシーンを作り上げ
ギャグ超人血盟軍を結成するのである。



続く









ブーン速。TOPへ企画ブログTOPへ・三国志Zチャットへ】









[ 2010/06/23 01:37 ] ール | TB(0) | CM(3)

>~妹なんていない

までの部分だけで笑い転げたわwwwwwwwwwwwwwww

ール氏に期待する!
[ 2010/06/23 20:10 ] [ 編集 ]

なんというスパロボ↓
[ 2010/06/23 07:19 ] [ 編集 ]

仲間になって弱体化フラグが見える…!!
[ 2010/06/23 06:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sangokusiz.blog130.fc2.com/tb.php/21-71eb5dd6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。